treo750 と ブルートゥースキーボード

えー、最近ソフトバンクにケータイ変えちゃいましたが、
その理由のひとつは この treo750 使いたかったから。

オクで発作的に“落として”入手。
快適に使っております。かなーりイイデス。

先人達が「treoかわいいよ、treo」って言うのがよくわかった。

qwertyキーボードでメールが打てるってのは快適。
テンキー使って文字打つなんて文字どおり「鬱」

treo750


treo750は あんなこと とか こんなこと とかをやってるんで
定額でパケ使えております、あんまり使わないけど。

で、例によってまたまた色々買いそろえているんでつけどね、
今回は香港から「dellブルートゥースキーボード」が届きましたよ。

値段の割にはモノが良くてビックリ。
メインのキーボードとして使えるんじゃないかと言うくらいの
キータッチ。dellのパソコンのキーボードよりいいんじゃなかろうか?
折り畳み式なのでどこでも持ち運びできますけど、フレーム自体が
アルミ?なので軽くて上部、競合品はプラでペコペコ、
目先の値段で買わなくてこっち選んで正解。

とにかく、メインのLOOXよりもタッチがイイ。
今は修理に出してるLOOXの代わりに1週間VAIO−U101使ってますが、
そのキーボードとしてこいつ、今使って打ってます。
もうメインのノートと同じブラインドタッチOKよ、スゲー。
大満足。

セットアップは付属のCDから導入でOK。
dellのAXIM用のオプション品なので このドライバで動かないと
思って昨晩はフリーのドライバ使ったけど動かず。
今日、純正CDから導入したらあっさりOK。
Aximもtreo750も同じWM5だわね。

で、なぜか手元に X02HTもあります。
こちらもいいけどね、WM6スタンダードってのがねぇ;;;;

treo750 x02HT


X02HT、薄くていいんだけど;;;;
treo750の方がイイねえ、ほぼ同時期に購入したのに、
メインはtreoデス。

こちらは欲しくて欲しくてやっと探して
買ったのに、やっぱし小さすぎてメインマシンになり得ず
「JMX観戦時お出かけ用マシン」となっていた VAIO U101pでつ。

ま、最近の最強モバイルセットかも。

treo750 X02HT U101


これも今dellブルートゥースキーボード接続してガシガシテキスト打ってます。
今日のブログのテキストもこれ。こいつのおかげで生き返りました。
目にはちょっとツライけど。

LOOX-Uが出た今、ちょっとスピードの点なんかでツラクなってきた
けどテキスト、インターネット程度ならまだまだイケルぞ。

とりあえずは モバイル関係は 現状でやりたいことは
できるようになりました。満足、満足。

これ読んで「ふむふむ」と思った人、treo買いなさい。
FOMAでも使えるけどソフトバンクにMNPしてね、S!メールも使えるから。
Home |  Category:PDA |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback4

SuperGT in KYUSYU 300km "予選"だけ観戦♪

週末はオートポリスで開催された”SuperGT in KYUSYU 300km”に
行ってきました。ポディウム



オヤジはモトクロスどっぷりなのに子供の興味はなぜか4輪。
ええ、「イニシャルD」でハマッたんですね。

オレらはバリバリの「バリバリ伝説」世代なので オヤジが正しく
「イニシャルD」ではなく「バリ伝」読ませてたら
こんなことには・・・(T_T)

ま、オヤジ、クルマも好きだからいいんですけどね(^^)

実は先月もオートポリスで開催された ”D1グランプリ”って
”ドリフト”の”大会”にも行ってたんです・・・

が、タイミング逃してブログにはアップしてなかったんですが・・・

日曜に仕事関係の研修会が入ってたので土曜の予選だけの観戦。
子供もオヤジも4輪レースは久しぶり。

オヤジはオートポリスでのレース観戦は たぶん・・・・・・・・
デイモンブラッドショー(!!)とジェフエミグ(!)の
ヤマハコンビが来日した時以来・・・あの頃は元木親分がA級一年生
で走っていた、と言う今となっては かなーり懐かしい頃のお話し。

さてさて、バブル最盛期に華々しくオープンしたこのコースも
ずいぶんと寂れましたな。あの頃はまばゆいばかりだった施設も
ずいぶんと傷みが目立ってました。まぁ20年近くなりますからね。
モトクロスコースなんて跡形もないです。

オイラ、実はオープン時はコースマーシャルもしてたりして、
オープニングセレモニーでネルソン・ピケがドライブしていた
ベネトンB198が目の前でストールしたので(F1マシン)レッカーに
引かれながらピットまでドライブした・・・と言う”プチ自慢”話も
遠い昔。

子供に言っても「すげ」と一言で終わりでした、
ええ、うちの子、フォーミューラよりハコが好きだそうです。

さてさて、前フリ長かったですが、朝5時前に起きて
オートポリスまでクルマで・・・中途半端に近いので”前入り”せずに
当日移動です。さすがに多いですね、予選なのに。

先月の「D1グランプリ」も日曜は多かったけど、さらにGTになると
予選でもこれだけの人。
PIAA トレーラー

で、パドックパス、ピットパスを買って親子でウロウロしましたけど
とにかく

 「カネがかかってるなぁ」ってのが感想。

テントなんかもう完全にプレハブ小屋、いや「家」ですよ。

ホンダの2チームは共同で立ててるんだけど、サッシですよ、
ドアや窓が。なんでテントで窓あんの?

トレーラーはでかいし(当たり前)、パドックではミニバイクが
走り回ってるし(いいのか、オイ!)RQのネエちゃん達は無駄に
多いし・・・

 とにかく、「カネかけてる」

・・・視点が”モトクロス”との比較だからなぁ・・・

パドック景色

しかし「???」と思ったのはパドックでタバコ吸う人の多いこと。
それもドライバー自ら あっちでスパスパ、こっちでモゥワァ〜

・・・いいんですか?ドライバーってアスリートじゃないんですか?

しかし、メインストレートのピットから見える反対側のネットに
各ドライバーの横断幕があるのはわかる。
しかし、なんで女の名前があんの????と思ってたら・・・

RQなんですね、しかも メインドライバーよりデカイヤツいる!
もう、アホかと、ここはレーシングコースだぞと。
だいたいパドックでも RQのネエチャンにサインもらっている
アホいましたからね、それもひとり、ふたりじゃないのよ。
その横をドライバー通っても見向きもしない・・・・
・・・っていったい・・・。

摩訶不思議な光景であった・・・・。

不思議と言えば、マッチもいた、マッチも。
最後の「親子ピットウォーク」で初めて見た。どこに隠れていたんだ?

もう、子供そっちのけで親が舞い上がる、舞い上がる。
だいたい幼児、マッチ(近藤真彦)なんて知らないっつうの。
4〜5歳とかその辺の年齢の子供の母親ってちょうど”たのきん”が
全盛の頃が「お年頃」だからでしょうかね?
異様に母親が盛り上がっていたのが印象的でした。おかげでサイン
貰えませんでした。

近藤監督とファンのおははん


・・・って 欲しかったのかよ!(-_-)

レースは予選日難で・・・午後からの「スーパープラクティス」が
メイン。最後の最後でトヨタがポール取りましたけどね。一時は
上位5台NSXが総ナメ、さすがホンダ。

あ、今回唯一の心残りは EPSONホンダの中島悟カントクから
サインもらい損ねたこと。・・・オレのアイドルだったのに・・・
(もちろんウチのガキは知りません)

ま、なんだかんだで楽しい1日だったけどね。
それにしても最後の最後、スーパーラップが終わってから
親子連れの人だけ無料でピットウォークがあったデスヨ、
で、入場時には全員(!)に抽選券!ハズレなし(参加賞として
SuperGTのビデオ!ウチの子、抽選で当たってラジコンゲット!
さらにそのラジコンにドライバーからサインもらってウハウハ。

ピットウォーク

昼休みにはARTAのドライバー、カントク全員にサイン入りキャップを
じゃんけん大会でゲット!
ARTA トークショー

(トークショーでいつものさわやか笑顔の監督)

もう120%満足だったみたいデス。

カネを掛ければ・・・
モノをあげれば・・・・ってもんじゃないけど・・・
やっぱりわかりやすいから喜ぶんですね、子供は。

そういえば こんなに親子連れが多いとは思わなかったなぁ・・・。

最終戦は富士であります。
ちゃんぴよん は 決まっちゃったけど面白いレースはしますね、
SupreGTって。一度見に行くことをオススメ。


しかし、この2ヶ月で 

オートポリス:D1
弘楽園   :JMX
オートポリス:SuperGT  

   ・・・レース三昧。カネ使ってるなぁ・・・。

 だけどね、子供と趣味が共通ってのはイイデスね。
 高校生になっても親子で話題がありますから・・・。

Home |  Category:motorsport [2&4] |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

全日本モトクロス第9戦 中国大会行ったぞ♪

土曜日にスタートのところで観戦していたらなにやら「迫力あるデカイ物体」を発見。存在感たっぷりですな、ひと目でわかりました”元木親分”。
そのガラの洋服は誰でも着こなせません(^^)ゞ



今、東京にお住まいのハズですが・・・と思ってたら
ミノモト表彰台

これのために「来場」だったんですね。
はい、日曜日にエキジビションで行われる「マイティウィールクラス」
ま、早い話”ミニモト”ですね。
長田と元木


イカンでしょ、この2人じゃ。他の人達は”素人さん”なのに国際A級。
親分はマシンに”三桁”かけて125cc、オサピーだって88ccですよ、
カネのかけ方も国際A級。もうマシン見ただけで
「カネかかってるなぁ〜」ってバイクです。レース見てても2人のバイク
だけ吹け上がり方とかスピードが違うんです、ゼンゼン。

でも楽しそうだったなぁ、バイクもミニモトだけどあれだけ"走れば"
おもしろいと思うよ、オイラも。

帰りのお好み焼き屋さんで御同席になりましたけど・・・
よく考えたらこの「山じょう」さんは「"元木がウマイと言ってる
お好み焼き屋さん”がある」って事で知ったんだった。
まさか本人と同席することになるとは思わなかったですけど・・・

一緒に”転戦”している某IAライダー(^^)ゞは
「僕は広島のコースはキライだけど、ここのお好み焼きはダイスキです」と
おいしそうに平らげてました。かく言うワタシも土曜の夕飯と日曜帰りに
もう1回、2回食べて帰りました。

ヤマハキャンギャル

で、土曜朝のスクープです。仕事に来てるのにテキ屋のフランクフルト
パクついてるキャンギャルなんて始めて見た。仕事だろ、っつーの。
しかも実際の仕事は 旗の渡し方には愛想がないし、笑顔ヘタだし、
ポーズは素人だし・・・つまり「今日始めて来た素人」と言う結論。
ま、キャンギャル興味ナシだからいいんだけど・・・おーい、
だれか”ツインテール”呼んでこーい!(T_T)

ヨッシー市販メット?

ヨッシーの市販モデルなのではないかと・・・もう市販してたっけ?
いいなぁ、しかし、こういうのがペインターさんに頼まなくても
買えるんだから。

中山車#17

「インジェクションならスズキでション」はホントにスクーターから
レース専用モトクロッサーまで全車インジェクションでした。
ワークスマシンから市販車まで。やるな、スズキ。
中山裕車は明らかにフレームが細くてファクトリーバイクと違います。
これは先行'09でしょうね?

北居車#15

こちらは北居#15車。フレーム形状が明らかに#17と異なりますからね。

某赤いメーカーもインジェクション車をテスト中らしい。
市販は'10でしょうか?間に合えば'09から?来年の春先の先行市販CRFに
要注目ですね。

ヤマハは#41尾崎車のステアリングピボッド部分になにやら
怪しいセンサーを装着。その他 #5釘村太一車がインジェクションやら
センサーやらを装着。逆に#982は実験的な要素ナシ。

カワサキは #411中村車 土曜の夕方の整備時には ぐるりと周りを
ついたてで囲って整備。”極秘モード”が逆にそそる・・・。
あれやると何もなくてもなにか”ニオイ”がするからなぁ・・・

当然全メーカー様 インジェクションやってるでしょ、それよりCRF、
早くDOHC化してくれ。KXFに負けっぱなしなのが耐えられんッス。

その他、ドメくんが来てたのは 来シーズンを見越して●○●との
話じゃないか・・・とか、となると「●○●○●からあぶれるのは
●○がクビになるのか・・・」とか、そろそろプールサイドリーグ
(プールは寒いけど)の話が満載ですね。

最後に 現地で某所より聞いた”ありそうでないだろー”ってネタ。
オプションで来年1年カワサキとの契約が残っているbubba。
なぜかマイケルジョーダンが絡んで ”違約金を用意するからホンダで
ニューチーム作るからそれに乗らないか?”って話があったとかなかったとか
・・・同じ黒人のスーパースターの名前が出てくるところがスゴイけど、
全くあり得ない話じゃない・・・ってそれオイラが今年のエイプリルフールで
書いたネタじゃないっすかー、ホントになったらエイプリルフールじゃない
っつーの。

フィクションかどうかは個人の判断にお任せします(^^)ゞ
こういう話って現実にならないだけでアメリカでは結構あるらしいよ、
アメ人って妄想好きなの?(^^)ゞ
Home |  Category:MX in my life |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback2

ちょっとマニアな【MFJ全日本選手権モトクロス第9戦中国大会】観戦記

久しぶりです。約1ヶ月以上”放置プレイ”していたのはスルーして(^^)ゞ
早速 【全日本モトクロス選手権第9戦・中国大会】観戦記を。

今回は地元から出場のチームに置いてけぼりくったために 
九州から1人で広島までのドライブ。しかも帰りは全て国道。
18時間かかりました、デモなんか楽しかったッス、知らないところを
運転するのは久しぶりなんで。

ブッパー様の横断幕の設置を仰せつかっているおり、6(土曜)に
現地 7:00ブッパ様のパドック前に集合 1人で途中寝ながら
行ってたら会場入りが 8:30、思いっきり遅刻で バナー設営に
間に合わず。スミマセン、福井のIさん、秋田の三浦さん。

◆6(土曜) 予選日 ◆

事前情報で川島雄一郎センシュ(^^)ゞが走るのを聞いていたのも
"1人だけど広島行っちゃうか"と思った理由そのイチ。
土曜の朝市、こちらの姿を見るなり駆け寄って"今回走るんです"と
声をかけていただきました、礼儀正しいあの笑顔で。

ええ、ホントに楽しみです。いつ以来だろうなぁ、"川島雄一郎"が
走る姿を見るのは・・・・
果たして、オイラのお手本の走りは健在でした。
ムリのない、キレイな走り。本人は「最後まで持つかわかりませんけど」と
謙遜しておりましたが・・・




トラクション重視の力の抜けた”流れるような”走り。
体格の似ているオイラが「お手本」にする走りです。

走り終えた後に本人に「やっぱりキレイなフォームで走りますね」と
話を伺うと 「"力"の入ったフォームはカッコはいいんですがもう
トシなんでああいう走りでは体力無いから最後まで持たないんですね。」
との事、いえいえご謙遜を。レーシングサービスを続けながら新型が
出たからってプロモーションで全日本に出てきて予選8位通過ですよ、
鍛えてないと出来ません。丁寧な応対といい、やっぱりオイラの好きな
ライダーです。




さて、今回の川島雄一郎センシュが走るのは ホンダCRF250R の新型
'08モデル。まったくのストックだそうです。とは言え、キャブの
ジェット類をセッティング、フロントサスはスプリングを”軟らかいモノ"
に変更、オイルの油面を2cmほど増やしただけ、フツーのユーザさんが
出来るセッティングで”全日本を走る”と言うのがテーマだそうな。

で、ここでウラワザ情報をひとつ。低重心の'08CRF250の特性を活かして
コーナーで倒し込みしやすくするためにシートのカドを落とす
(ウレタンを削る)だけでグッとコーナーリングがラクになるなるそうです。これはホンダのブースに居らしていた某研究員の方もおっしゃって
おりました。曰く「これは(お金をかけずに)効果があるのになんで
みんなやらないんだろう?」と。”現役”の方、やってみてください。




それから シートの後部に”コブ”みたいものをつける
”シートセッティング”。ブッパ様や平田優センシュなど比較的小柄な
ライダーがやっております。これはフープスでのリアシートの跳ね上げを
防止する効果があるそうな。170cm以下のライダーは要チェックですな。




ちなみにもひとつウラワザ。ブッパ様のRM-Z450のリアシートは足つき製をよくするためにリアフレームを交換し、1.7cm下げてあるそうです。
ブッパ様のマシンセッティングがなんだかカーマイケルみたいにリア下がり
なのはそのせいなんですな。ま、"一般ライダー"にはできない技ですけどね。

ブッパ様


しかしアレですね、IA2H1でワタナベマナブが3位表彰台、
「ストックのYZFのポテンシャルの高さが証明できました」と
言っていましたけど、スゴイ話ですよね。オレらが買うマシンそのままで
特にいじらずに全日本出て表彰台に上がれる、上がれないまでもそこそこの
戦闘力のあるマシンって事ですから・・・・
裏を返すと「やっぱり乗ってる人で差がつく」って言われている感じが
しないでもないけど(^^)ゞ

芹沢直樹センシュはひょんなことから"お知り合い"になって
親しくお話しをさせていただくことのなったライダーです。
以前から川島雄一郎選手同様、小柄なカラダでリザルトを残すライダー
として密かに注目していたセンシュです。川島くん同様、乗り方に
無理なく、スムーズ。カラダに力はいりまくりですぐにバテてしまう
オイラの走りとは対照的ですわ。




RJをリスペクトしているのは永年RJのヘルメットデザインを踏襲している
ことからもわかります、あの世代のライダーには神様だもんね。




素人のオイラの話にもきちんと耳を傾けてくれてマジメに応対してくれる
性格もダイスキです。オジサンに好かれても困るだろうけど
今の若いライダーにはない礼儀正しさを感じるのは本人もさることながら
"TEスポーツ"出身なのもあるんではないかと。

しかし、ブッパ加賀真一と言い、直樹くんといい、
あのカラダで450を乗りこなすのがどうしてもわからん。
もちろんセンスだけじゃないだろうし・・・。

いつもは全体を見渡せる場所を探して全体俯瞰でレースを見ているんだけど
この2人が走るって事で久しぶりにレース中にタオルをブンブン振り回して
応援しましたですよ、何年ぶりだろ。楽しかったなぁ。

思い出すと川島くんがプライベートで全日本転戦してチャンピオン取った年、
ここ弘楽園で1人で転戦して誰もサインボード出している人いなかったんで
コース脇から出してあげてからのおつき合いです。
あのレースはナリタアキラと大接戦の末に勝ったレースだったんですね。
それだけにお互いスゴく印象に残っています。

〜 つづく 〜
Home |  Category:MX in my life |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home   Top
 
最近のエントリー
カレンダー

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近のコメント
リンク
カテゴリー
プロフィール

denny

Author:denny
”モトクロス”は最早ライフワーク。それからiphone、サッカー、コンピュータとインターネットに夢中だし、写真を撮るのも好き、もっと上手くなりたい。それでもって”活字中毒”で本を買うのは日常。最近はtwitterにもはまっちゃってます。

RSSリンク
Google動画検索

Loading...
Loading...
developed by PluginSQUARE

月別アーカイブ
検索フォーム

今日の献立