iPhone からYoutubeへ動画をuploadできるか?(cycorder)

cycorderを使ったYoutubeへの動画upload方法について
(備忘録)for iPhone3G

自分でググって見たがなかなか「これ」というのがなかったので
備忘録としてまとめてアップ。

YouTubeへの投稿〜
・まずログインした状態で「動画をアップロード」をクリック。
・「携帯電話からアップロード」をクリック
・"携帯電話からアップロード"専用のURLが表示されるので
 iphoneの「連絡先」に登録しておく。

・cycorderはCydiaよりインストール
・撮影された動画はmov形式で保存される(サイズはデカイ)
・保存場所は /var/mobile/media/videos にある
・ファイルは ifile(appstoreではなくCydiaよりインストール)で確認する。
・ファイルを選択し、ハイライトさせたまま「編集」をクリック
・画面下部に「メール」アイコンをクリックするとメーラーが起動

タイトル、フッターを削除して送信ファイル用のタイトルを付けてポストする


 <<< 問題発生 >>>

★iphoneでは送受信最大1Mと言うメールサイズに制限あり、
 上記のやり方ではアップロードできない

↓  ↓  ↓  ↓  ↓
<after Hours>
現時点では iphone3Gからの有効な方法が見つからない。
SBMが「送受信は1M以内」と言う制限にひっかかるため、
メールに添付してのYouTube uploadは不可。

フルブラウザのsafariを起動し、Gmailから添付しようとしたが、
iFileからのファイルコピーができない(URLコピーになる)

さて、どうするか?・・・・
 ↓ ↓ ↓ ↓
Ustreamでストリーミングし、それを「録画」することで
同じ事ができる!

・・・よって「解決」
Ustreamの設定で「YouTube」へのuploadを有効にしておくこと。

あーだ、こーだ、って悩んだのは何だったんだぁ・・・orz

つか、気づけよ>Ustream

ただ、現時点ではUstreamのフレームレートが15fps程度?
それ以下?しか出ておらず、動きの早い「動画」には向かない。
ストリーミング中に手を”さっ”と動かしたくらいで
追従できていない・・・orz

これだと今シーズンの
「全日本モトクロス大会でスタートをストリーミング」って
野望が・・・・・・orz・・・

なにかウマイ方法ないものだろか・・・
Home |  Category:iphone |  コメントアイコン Comment74  |  Trackback27

iphoneを使ってDTIブログにエントリーできた。

〜自分とiphoneユーザーでdtiブログのエントリーをやりたい、って人への備忘録として・・・

せっかくiphoneがあるのでこれで気軽にエントリーできたらいいかも、
って事で色々ググってみた。

Appとしては安くて(無料がベスト)で、写真投稿もカンタンに出来ればOK。

BlogWiriter liteは無料版。まずはこちらで試してみた。
http://itunes.apple.com/jp/app/blogwriter-lite/id290887045?mt=8

で、いきなりつまづいたのがログイン設定。
dtiの「Service URL」がわかんない。
もちろん自分のブログURLなワケない。(T_T)

適当に打ってみたけどハネられてAppが落ちる。
さらにググってDTIってFC2ブログのOEM?であることが判明。

iPhoneからFC2ブログへ投稿/更新するのに「BlogWriter Lite」アプリを使ってみました。

で、さらにググって見ると”あった!”

ブログサービスの投稿方式・エンドポイント

DTIのサービスURLもありましたよ。
こちらを入力するとあっけなくログイン完了。

iphoneでblogwriterを使う場合、最初の設定(ログイン設定)で
どうしても「ServiceURL」のところで悩むと思うんですが、
そういう時はこれでイケます。←オレだ!( ´ー`)
Home |  Category:iphone |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback7

"菊地直哉の償い"と彼への「嫉妬」〜number748

SportsGrapuic"Number"。
サッカー特集の時は必ず買っている「優良読者」(^^)
今回は当然UEFAチャンピオンズリーグの特集。

number748


「この太い首、いかにも”体幹”強そう」なんて事を考えながら
目次に目をやって釘付けになった。

”菊地直哉の償い”

今、一番読んでみたい記事だった・・・。
まさかこのタイミングで読めるとは思わなかっただけに
気がつくとバルサの記事よりも、クリスチアーノロナウドの記事よりも
まっ先にむさぼるように読んでいた。

当時の「大分トリニータ」は連敗につぐ連敗で、
もはや"J1残留"へのかすかな望みさえも消えかけていた。

そこへ以て「彼」の入団。
それは”オラが街のチーム”に新たな衝撃を引き起こした。

菊地直哉 


悪いことに?"新しいスポンサー"獲得に対して
一部サポーターが「抗議行動」を起こした時期に重なる。


「悪いことって重なるんだな、踏んだり蹴ったりだ」、


その時にそう感じたのを覚えている。それは”多くの”
大分サポーターも感じていたことは想像に難くない。

当時、例の"事件"を起こした「キクチナオヤ」と言う選手を
獲得した、と聞いたのは家内からのメールだった。

「どんな人?"事件"起こした人でしょ?そんな人、応援できないよ」

彼女のコトバは当時のトリニータサポーター、
とりわけ少なくない女性サポーターの気持ちを代弁していたと思う。

連日、連夜、ネットでは誹謗中傷。
応援BBSでは女性サポーターを中心に「応援拒否運動」さえ
起きかねない勢い。クラブには”匿名”の抗議メール、抗議電話が
鳴り響いてたと聞く。さらに「ゴール裏」のサポーター有志は
本人との面会を求め、事情の説明を要求していたとも。

ただ、あれだけの事件で世間とサッカー関係者を騒がせておきながら
その当時はサッカー門外漢だったオレは「あの事件」に関しては
それほど記憶にない。キクチ獲得の報と同時に「あの事件を起こした選手」
と言われて茂原とダブったくらいだった。

だから純粋に「彼のプレーを見てみたい」と言う欲求の方が
大きかった。そのくらい当時の「大分」にはブレイクスルーが
求められていた様に思う。

また、サッカー関係者から
「順調にいっていればまちがいなくA代表クラス」と聞いていた事も
興味をかき立てられた。また、彼のプレーを知るものは
(事件の事はさておき)「素質、才能は素晴らしい」と評した。

果たして、彼は大きな批判と小さな期待を受け、
九石ドームのピッチに立った。

ピッチでプレーする彼を見て、「モノが違う」、
「サッカーIQが高い」と感じた。

視野の広さ、コーチング、細かいボールタッチ、
ちょっとサッカーをかじった人間なら彼の能力の高さを
すぐに感じることができたのではないかと思う。

とにかく、「視野が広く、ボールタッチが柔らかい」

今、自分が一番欲しているプレー、タレント。
「彼」はピッチで見事にそれを具現化していた。
彼のその"プレー"に同じプレイヤーとして嫉妬さえ覚えたほどだ。

以降、彼の出場したゲームはなんと「無敗」。
しかし、昨シーズン、我が「大分トリニータ」は惨敗を重ね、
ついにJ2へ降格となった。

直後にクラブの「放漫経営」が露呈してクラブ経営に
大きな影を残す事となる。
そして主力選手が「ほぼ」いなくなった。

しかし彼は「大分」へ残った。
詳しいいきさつは、現在発売中の”number748”を手にとって欲しい。

菊地直哉の償い〜記事


「事件」を起こしてから現在までの経緯が詳細に記されている。
もっとも、被害者との「示談」が完了していることもあり、
「事件」そのものの詳細については記されていない。

今シーズン、大きな借金を背負いつつ昇格を掛けてJ2を戦う
"手追いの獅子"である我らが"大分トリニータ"。

これまでチームは応援しても、個人的に応援する選手は
いなかったが、今年の「#36」のプレーには要注目、応援したい。
Home |  Category:football,futsal |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback10

AUGMoita〜初めて”買った"MacBook"はボクにいろんな人たちを連れてきてくれた

なにかの商品コピーみたいだけど、久しぶりに"すっごく楽しい事”が
あったので書かずにはいられなくなってしまった。

アクティブブロガーのみんなはこれを”毎日やっている”のだと思うと感心。
もっとも"駄文書き"には苦労しないので生来の「継かない習慣」が
邪魔しているのだろうなぁ。>ブログ更新

で、タイトルの通り、前回のエントリーにも書いたように
ローカルプロバイダ「オフ会」の繋がりが元でMacのユーザーグループに
入会し、そのUGでの一大イベントが開催されたので参加してきた。

AUGMinOITA2010 〜「iのあるくらし」
★公式Twitterはこちらから

お昼過ぎからスタートし、120名の参加者の熱気で暖房要らず?な会場。
入れ替わり立ち替わりプレゼンを行うベンダーさんは興味深い話を連発し、
それぞれが手にしたiphoneからはTwitterを通じて即時に思い思いの感想を
アップ・・・。やはり"一般人"から見たら異様な光景だったのは間違いない。

そして、19:30過ぎに"1次会"は終了したのだが、この会場の
"ほぼ全ての人たち"(!)が「懇親会」に参加し"壮大な"懇親会が開催!

スゴイ人数だった・・・
ひさしぶりにこの「オフ会」で出会った友人は「なんでこんなに人が集まるのか」
「なんでこんなにみんな楽しんでいるのか」「意味がワカラン」を連発。

彼はいわゆる「オフ会」の参加は初めて。120名が集まる「同好の士」の場、
100名があつまる居酒屋での2次会はさすがの自分でも初めてだった。

そして、"お開き"後の集合写真がこれ→"人大杉(^^;)

augmoita2010集合写真

撮影中に横切ろうとする通行の人たち、いったい何の集団かわからずに
かなりいぶかった眼で通り過ぎて行っていた。そりゃそうだろう。

ホントに楽しい1日だった。内容の多くは他の人たちのブログや写真でのアップにおまかせするとして

会も佳境にさしかかり、"メインイベント"の「大じゃんけん大会」では
なんと!幸運にも「高級インナーイヤーヘッドホン」をゲットすることが出来た!
これはフォーカルポイントというMacを周辺機器を製造・販売する会社の
御協賛に寄る物で、このほかにもたくさんのメーカーさんからの協賛があったと聞いている

★AUGMoita2010〜<御協賛各社さん一覧>
augmoita2010協賛各支社様


まだ未開封ではあるのだが、こんな機会でもなければ
おそらく手にしなかったであろう「高級インナーイヤーヘッドホン」、
じっくり"エイジング"をして、その性能に見合った使い方をしようと思う。

focalpoint atmicfloyd


この商品を手にして、会場で「フォーカルポイント」の社長さんであり、
アクティブなネットワーカーでもある @onebeatさんへ御礼をお伝えし、
二言三言、言葉を交わした。

自身で@onebeatさんのTwitterアカウントをフォローしていたので、どういう人なのか、
風貌は存じ上げていたのだが、果たして実際お会いしても非常にエネルギッシュな人
である事がわかり、当日、いつまででもお話をしていたい人の1人だった。

@onebeatさんは仕事の傍ら(←逆かも?^^;)フェラーリ430コンペを所有し、
富士スピードウェイでサーキット走行を楽しむ方で、"こっちの世界"の人では
なかなかお目にかかれないタイプの方だ。

Ferrari430onda.jpg

*@onebeat号があまりにもイカスので載せちゃいました>@onebeatさん
430はフロントビューもいいですけど、確かにこのサイドビューはカッコよすぎ。

自身も"こっちの世界"とは別に2輪のレースに没頭していた時期があったために
タイヤ付きの乗り物、競争の楽しさは非常に理解できる。また、@onebeatさんも
2輪のレースをやっていたこちらをリスペクトしてくれて嬉しかった。

機会があれば乗せて戴きたいのは山々なのだが、ライセンス、富士までの距離、
問題が山積なのが残念である。

最近、またサッカーに熱中したり、仕事が忙しいかったりで、年2回の
全日本レース観戦のみで自身がレースに参戦するどころか、バイクに乗る事さえ
"開店休業"の状態。やはり男の子は「競争」が好きな生き物のだと思うので
また暖かくなったら久しぶりにウェアを引っ張り出して載ってみようかと思う、
そう、自分では「引退」などしたつもりはないのだから。

@onebeatさん以外にも、他県からお越しいただいたappleユーザーグループの方々、
数年ぶりに再会した以前にお世話になった家電量販店の方、10数年ぶりに
再会したレース仲間、最近知り合いになったのにもうすでに気のおけない状態の仲間など、
ほんとはもっともと、いや、一晩中でも”あーでもない、こーでもない”とやっていたい夜だった。

初めてNiftyServeに入り、「オフ会」なるもので"鈴鹿"に集まり、一晩中レース談義を
したあの夜を想起させてくれ夜だった。
あの時も「パソコン通信」が自身に"新しい世界"(仲間)を連れてきてくれた。

そして、初めて買った"MacBook"は自分にまた「新しい世界」へ導いてくれた。

AUGMoita2010スタッフの皆さん、お疲れ様でした。
とっても素敵な時間をありがとうございました。
参加の皆さん、どうもありがとうございました。


テクノロジーは"おもしろい”。
でもそれは"人と繋がっているから"こそだと思う。

Home |  Category:computer,internet |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback7

”インターネット”のサービスを楽しむ醍醐味って?

インターネット上での新しい"ソーシャルサービス"で今まで
交流の無かった人たちと繋がることは、"新しい人間関係"を
築くことになり、"ネットワーク"を使って楽しめる醍醐味の
ひとつでもあると思う。

今、Twitterがブレイクしているが、他にもmixiやfacebook、Myspace
などのSNS、Tumblrなどのwebサービスなどが普及しているが、
この中でもTwitterはネットワークの世界だけに留まらず、
"リアルライフ"でも"新しい繋がり"が生まれ、これがTwitterの
楽しさを増加させている一因だと感じている。

インターネットがこの世に存在する前に一部の人間で楽しまれていた
「パソコン通信」は、自身がパソコンを始める時期と同時に初め、
ネットワークを介して"フツーの生活をしていると一生会えないような
人たち"と交流を持つ事ができた。
一部の人たちとは約20年経過した今でもつきあいがある。

「いや、ワタシはそんなに"人とつきあいたくない"」という人も
増えてきているとは思う。

しかし、人間という生き物は「誰かと繋がっていたい」と思う生き物だと
考えているので、これらの"サービス"が手を変え、品を変え登場するのは
これからもおそらく変わりないだろうし、"アーリーアダプター”の
1人としてこれからも"ネットワーク上のソーシャルサービス"は積極的に
使ってみたい。

この歳になると、積極的に”新しいこと”にチャレンジしないと
自分の身の回りの”人間関係”が硬直し、毎日代わり映えしない
モノとなってしまう。
俗に言う

「なにか おもしろいことない?」と言うアレだ。

自身はコンピュータ、或いはネットワークのお陰で 
「なにかおもしろいこと」がいつも身の回りで起こっているので
もう何十年もこんな風に考えたこともない。

わざわざテキストに起こしてみたのは、この「ネットワークを介して
人と繋がる」事での醍醐味を久しぶりに感じた一件があったからだ。

昨年の秋にローカルプロバイダの、いわゆる「オフ会」に参加するように
なって、"これまで知らなかった地元同好の士"と沢山知り合う機会を得、
新しく購入した"パソコン"のローカルユーザーグループにも入会した。

そして、そのユーザーグループ一番の「年中行事」で、
上記のようなことがあったわけだ。

<次回に つづく>
Home |  Category:computer,internet |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback9
Home   Top
 
最近のエントリー
カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

最近のコメント
リンク
カテゴリー
プロフィール

denny

Author:denny
”モトクロス”は最早ライフワーク。それからiphone、サッカー、コンピュータとインターネットに夢中だし、写真を撮るのも好き、もっと上手くなりたい。それでもって”活字中毒”で本を買うのは日常。最近はtwitterにもはまっちゃってます。

RSSリンク
Google動画検索

Loading...
Loading...
developed by PluginSQUARE

月別アーカイブ
検索フォーム

今日の献立