「チャリティーオークション」は盛り上がったか?

インターバルに入った全日本モトクロス。毎年例年ならインターバルは8月のはずなんだけど、ひとまず弘楽園が終わってから次戦の名阪までおやすみ。なもんでもう少しだけ弘楽園の全日本モトクロス書き残しをプラス。いくつかの媒体には事前に告知されていた「東日本大震災チャリティーオークション」ライアン.ダンジー選手のウェア上下を出品するとの事で興味深い方も多かったはず。はい、ジャージが風になびいてますが、モトパンの「希望」の文字がなんだか気恥ずかしいですね。落札金額は、クラウディもビックリの5万円。関東地方で「そんなに安く〜、オレならその2倍は行ったのに〜」と歯ぎしりしていたのを知ってます。まぁ、義援金をたくさん捻出しようとするのなら他の方法(ヤフオクとか)あっただろうけど、全日本モトクロスの会場を盛り上げつつ、チャリティーで支援もしよう、ってことならこれでしょうね。それにしてもヨーヘイのヘルメット、20000円で落札って、それ、ペイントしてないメットより安いじゃんwwww
Home |  Category:work |  コメントアイコン Comment5  |  Trackback2

2011/05 全日本モトクロス中国大会<ヒト・レース・編>

さて、個人的にJT祭で大盛り上がりのHONDAライダー、もう1人のファクトリーライダー 平田 優のウェアも今年のSX、レトロナイトで披露されたFOXのアレ。


で、カレもフォトセッションで着替えて外に出てきてたんですが、”一心同体”の中村メカと一緒の所をパチリ。ご覧下さい、まぁ、他のコンビとは年数が違いますからね、一緒にいる。この笑顔は出せません。


この写真、「52」のクジラ選手に注目、今となっては珍しいAXOのウェア。はい、それだけです。でも今、有名どころでAXO着てるライダーっていないなぁ、オレらが”現役”の時はブラッドショーを始めとして着ているライダー多かったのに。


これはたぶん、今年昇格組のババダイキ。ヘルメットを撮ったんだけど、
これはSHOEI。実はアライがそろそろ新しいモデルを出してくるんじゃないかとレーシングサービスとか張ってみたりしてたんだけど、カズマサを始めてとして、ニューモデルっぽいメットをかぶっているライダーは確認できず。



そして、しつこくもまだJTネタ。
はい、南九州のあの人向けです。オレの記憶するところではここ数年ウェストウッドさんの出店って無かった気がするんだけど、今回ははるばる来てました、JTのサンプル品を持って。価格は決まってましたけどまだ「カミングスーン、予約受付中だよーん」でした、ウェアのカラーはこちら。

最後に、ちょっとだけレースにもふれておかねば。
今年からAMAよろしく、IA2はルーキークラス、IA1はプロフェッショナルクラスへ厳格に分けるように、来年度からは”年齢制限”まで導入されるそうな。でも暴言承知で言うと

IA2のレースは面白くない


まぁ、オレがライダーの予習不足もあるんだけど、どうにもライダーが小粒。NA時代にIA2並のラップタイムで走ったりと「将来どういうライダーになんねん?」って思わせた山本クジラもなーんかすっかり”日本的走り”になっちゃってるし、わざわざ自費でアメリカまで行ってレースしてた池谷に至ってはレースでも中団に埋もれて”AMA帰り”はどこへ?って感じ。赤いスカーフがトレードマークだった”イナガキヨシキ”はスカーフお蔵入りでパッと見はだれだかわかんなくなってる、もっとも”粗いライディング”は健在で、今のところ(国内のIA2程度なら)あれでも成績出せるだろうけど、上のクラスに行ったらどうなるんだろか?オジサンは老婆心ながらチョイ心配。リザルトはともかく、大きなケガをしなければいいんだけどね。

まぁ、厳しい事を言ったものの、IA2は古参ライダーが居座ってリザルトを牛耳るクラスではなく、次世代に羽ばたくヤングライダースのクラスとして正常進化して欲しいと願わずにはいられませんな。

で、こちらは週末の中で”唯一”、いや、一番見応えのあったレース、IA1H2のスタート。


で、一時トップを走りながら惜しくも2位の増田一将、またまだ追い上げのヨッシー。そして優勝の新井ちゃん。トップ争いはおもしろかったねぇ。


そして、このレースのスタート直後、複数台が絡んだ転倒で小島多久摩、田中教世の2名がケガ、タクマは頭部を打って病院へ、タカセはあろうことか、骨が見えてるような怪我をしつつ、リスタートに出走。タクマは後日無事が確認。

ああ、今年も楽しい週末でした。
Home |  Category:MX in my life |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback1

2011/05 全日本モトクロス中国大会<マシン編>

そろそろ1週間経って”あの余韻”が薄れつつある今日この頃。
まずは”赤い巨人”「帰ってきたファクトリーHONDA」から。
”南”の”ヤジさん”アナタ、コメント欄にマシン解説お願いしますよ。



で、このマシンに乗るのが、日本で唯一JTを着る男、増田一将。


メカの河瀬さんと土曜日、撮影のために着替えて出てきたところを幸運にもキャッチ。

そのカズマサ、浦島編集長がtwitterでつぶやいていましたけど、JTのメモリアルブックに蒼々たるメンツと並んで日本人でただ1人登場してます。すげぇなぁ、いいなぁ。



R35以上のメンツにはたまらんッスね。左からロン・ラシーン、ダニー・ラポルテ、増田一将、ジャン・ミッシェル・バイル、チャック・サン、デビット・ベイリー、ジャッキー・ビモンド、ブロック・グローバー、1人おいてマーティ・スミス、1人おいて、セバスチャン・トーテリ。

スゴイよねぇ、何がスゴイってラシーンのデカさ。
1人だけ規格外、1人だけロボットみたい。んでもって、みんな片膝ついてパチリ、なのはベイリーへの優しい気遣いなんだろか?とか考えてみたり。グローバーのなんだかイイ感じの歳の取り方、リッキーが年取ったらこんな感じになるんだろな、とか考えてみたり。

そして、次は「カワサキ」


デナシオン、あ、ネイションズ出場で「一皮剥けた」と評判の三原拓也号(38)、カレも念願のファクトリー入。予選でも決勝でも元気ヨシ。
→twitterにて速攻指摘頂戴しました(38)は井上眞一号ね。
三原拓也号は(37)KX250FSR、井上号はKX250F、つまり井上号(37)は来シーズンの'12KX250Fの先行開発かと。



次は新井ちゃん号(331)


黄色にマシンはスズキ。チャンピオンと次世代チャンピオン候補のコンビ
個人的にはマシンのグラフィックは4社中一番じゃないかと思う。

まずはチャンピオンの今年乗るマシン。



これはヨーヘイ号


そして、次世代チャンピオン候補の山本クジラ号


そして、どーにも気になってしょうがないGPSアンテナ


ヨーヘイ号も 土曜日撮影のためテントの外へ。そこを狙ってパチリ。


ジェネレーターカバー、カネかかってんなぁ、ネーム入りだよ
→いやいや、こっち側は”クラッチカバー”ですね。twitterにてシゲさんからご指摘戴きました。最近乗ってないからどっちがシフトかも忘れてる(T_T)





こちらはマシンの左側から


そして最後はYAMAHA。ファクトリーパークからは一段下の、一般ライダーがパークする場所にトラック停めてるんでなかなか近寄れず・・・

これはMPDY,つまり実質のファクトリーなYAMAHAのマシン。


こちらは 成田車。


今回、懐かしい人に出会いました。
土曜日に”なんとなーく”似てるなぁと思いつつ、サングラスだったし、YAMAHAのピットシャツ着てるから仕事邪魔しちゃマズイなぁ、と思って声かけなかったんですが・・・・

MPDYヤマハのテントに 男塾 塾長の田島久誌くん、いや、サンがいました!

「やっぱしそうやったんやー」と1人で盛りあがり。
本人もなんとなく覚えてくれていてちょっとだけ話しましたよ。
本人曰く、「最後の年にBASチームでHONDAに乗ったあと、ヤマハに声かけて戴いて入社しました、もうあれから数年経ちますね」との事。メーカーに就職って、ある意味、一番の「アガリ」ですね、芹沢兄弟もそうだし。よかったねー田島くん。

パドックで、あのチョイとイバリの利いた、胸張って堂々と歩いている体格のイイヤマハの人は田島久誌くんです。今回、これ個人的にはかなり嬉しい出来事だったなぁー、懐かしくて。

つか、もうバイク降りた人たちが開発やらカントクやらになっていくくらい月日が経っているんですなぁー。

〜つづく〜


Home |  Category:MX in my life |  コメントアイコン Comment1  |  Trackback0

2011全日本モトクロス選手権 開幕戦 土曜のあれこれ

今年も開幕した全日本モトクロス選手権。
東日本大震災の影響で5月中旬のキックオフに なっちゃいましたが、関係各社の尽力で
開催が可能になったようで、ファンの一人としては素直にうれしいもんです。
しかし、まだ震災後2ヶ月しか経ってないのですね、2010IA1チャンピオンは被災地宮城県在住、
そのほかにも被災されたライダー、関係者の方がいると聞いています、そんな中で開催の
全日本大会、みんな、”元気出していきましょう”

で、全日本のキックオフにあわせて予習してた中で”気になってしょうがなかった

”ファクトリーRMZに乗っかってるGPS。

DC最新号で、”#1にはリアフェンダーには乗っかってなかったGPSアンテナ”を
現地本番車で見つけました。はい、フロントプレート前にありました。

で、大方の予想通り、データロガーとGPSでコース状況とエンジンの様子をばっちりデータ化。

「あそこのコーナーをミャミャミャーんって行くと・・・リアがズリズリって・・・」

「うそつけ、おめー、あそこって2コーナーだろ?
 2速で回ってるからトラクションがかからねぇから滑るんだよ」

「てへっ・・・・」

なんて会話がされているかどうかまでは定かではありません。
モトクロス界にも”感覚を数値化する”って流れがやってきたようです。
(まぁ、実際は以前からデータロガーはつけてたようですけどね)



ところでホンダさん、DRZがやってるってことは、もうすでにやってるでしょ?
どこにつけてるんですか?素人にわかりにくいところ?

そして!DC最新号のWestwodさんの広告にJTを着た増田一将が出たのを見つけていらい、
オールドファンのおじさんたちを釘付けにしましたよ、あ、いや、正確には以前からUSのサイトに
予告が掲載されていましたけど・・・

で、これです!



JT!JT!JT!復活おめでとー!
モトパンのサイドラインにはJTのラーメンロゴ。

実はこのJT、増田選手自らが、USの予告サイトでの動きを察知、THORを着ていた昨年から
「JTがリバイバルするなら着たい〜」ってことでスポンサーさんに調査依頼を出していたのだとか。

すげー、カズマサ、やるじゃん!
リバイバルJTを日本に呼んだのはキミだったのか!

・・・実は、息子の全日本には必ず駆けつける父上によると
「子供のころからJTが、いや、ラシーンが好きでよぉ、あいつがちっちぇ頃、ラシーンレプリカを
トロイリーにオーダーしたこともあるんだよなー」って言うくらいのJT,いやラシーンマニア
だったようです。

そして、リバイバル、いや”WelcomeBack!!”HONDA
赤いトランポがパドックに戻ってきました。「6」と「7」のIA1だけでなく、IA2の小方誠くんも
テント入り、はい、本気ですね。監督も市川さん呼び戻しているし、HRFのレーシングサービスの
川島さんの背後には朝霞の研究所の人がチラホラ、パドック奥のTeamCRには若い朝霞の
研究員たちが勉強をかねてウロウロ←ちゃんと直樹くんのマシン整備せぇよ、キミら。(^^;)



いやぁ、これであとは「青」だけですね、ホントに「青」が揃えばなぁ。

そして、最後は 開幕戦ならでは。ライダーの「集合写真」
こりゃなかなか見れないですからねぇ。”某美人カメラマン”と「宇宙イチイカスモトクロス専門誌編集長」とハセカメラマンが中心となって、仕切りはもちろん選手会長のスズキトモヤくん。
粛々と、いや、ワイワイがやがやと楽しく進められましたよ。



これが第2戦以降、ファンサービスで配られることと思います。お楽しみに。

そして、まだまだネタあるんですけど、明日に備えて寝なくては・・・・

予想以上に”アウェー”な環境のネットカフェ作業に時間をとられましたので
ダイジェストでお送りしました。

スマン、”南九州の友人”よ、内容が薄くて(^^;) 

Home |  Category:MX in my life |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home   Top
 
最近のエントリー
カレンダー

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント
リンク
カテゴリー
プロフィール

denny

Author:denny
”モトクロス”は最早ライフワーク。それからiphone、サッカー、コンピュータとインターネットに夢中だし、写真を撮るのも好き、もっと上手くなりたい。それでもって”活字中毒”で本を買うのは日常。最近はtwitterにもはまっちゃってます。

RSSリンク
Google動画検索

Loading...
Loading...
developed by PluginSQUARE

月別アーカイブ
検索フォーム

今日の献立